軍用の時計, MWC時計の通販 | 軍用ミリタリーウォッチ専門店

ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

高田さん!
MWCの良さを知って頂きたい! この思いが私の原点です。 MWCの事を知って頂きたい!!そんな思いで各モデルの情報や入荷状況等、日々更新しています。
私のブログにも遊びに来てください。

店長のブログを見る→ここをクリックしてね!

販売ページの写真だけではイメージできないな〜 という方は
私のインスタグラムをご覧ください!
着用写真が世界から!!



Instagram でMWCを見る!

▼ フリーページ


1987 Hamilton GG-W-113

 今や定番人気のベトナム戦争モデルGG-W-113は
どういう風に歴史に姿を表したのか?

ベトナム戦争以来、米空軍はGG-W-113のスペックに
基づく軍用時計をパイロットに支給してきた。

これらの時計は政府との契約により様々な アメリカの時計メーカー
Benrus (ベンラス),Hamilton (ハミルトン)
Waltham(ウォルサム)などによって生産されてきた。

GG-W-113はミルスペックMIL-W-46374に基づき生産され
多くが陸軍兵士に支給されてきたフィールドウォッチに 非常に似ていた。



MIL-W-46374

GG-W-113はそれと同じケース同じ針、 24時間表記に
黒いダイアルしかも両方とも手巻き であった。

異なる点はGG-W-113にはハック機能があり、
MIL-W-46374にはなかった。(1980年代半ばにハック機能が搭載)

夜光塗料の放射性物質の有無を表すH3とプロペラマーク
が外された、それにより視認性が向上した。

また、GG-W-113にはオリーブカラーのストラップではなく
ブラックが付与されていた。



1987 Hamilton GG-W-113

諸説あるものの、GG-W-113は空軍パイロット用で
あったため 何より視認性の向上に注力されたのだと思われる。

さて、それではMWCのGG-W-113はどうか?

クラッシックなブラックダイアルに24時間表記
のインナーリング、60秒刻みのアウターリング

マット仕上げのステンレスケースなど
GG-W-113のレプリカとしてはベストな仕上がり
である。

ムーブメントは日本が世界に誇る
セイコー製自動巻24石のNH35A。

こちらは手巻きではなく自動巻にアップグレード
もちろんハック機能つき、スリップファンクション
も搭載で、巻き上げすぎてゼンマイを壊すこともない。

まさに、ヴィンテージとモダンの融合である。



MWC GG-W-113

詳細はこちらから→GG-W-113 ベトナム戦争モデル