軍用の時計, MWC時計の通販 | 軍用ミリタリーウォッチ専門店

ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

高田さん!
MWCの良さを知って頂きたい! この思いが私の原点です。 MWCの事を知って頂きたい!!そんな思いで各モデルの情報や入荷状況等、日々更新しています。
私のブログにも遊びに来てください。

店長のブログを見る→ここをクリックしてね!

販売ページの写真だけではイメージできないな〜 という方は
私のインスタグラムをご覧ください!
着用写真が世界から!!



Instagram でMWCを見る!

▼ フリーページ
前回のコラムで軍用時計の古き良き時代の
錚々たるブランドをご紹介しました。

そうすると自然とイギリス軍とか
ドイツ軍ってなってしまいました。

地理的な要因が大きいのだと 思います。

スイスの時計ブランドを採用する ってのが自然なのかも。

そこで同じようにアメリカに目を向けて見ますと、

Elgin エルジン
Bulova ブローバ
Hamilton ハミルトン
Waltham ウォルサム
Timex タイメックス

このあたりのブランドが幅を利かせて いますね。
今回もわかりやすく代表作を並べてみました。
 



エルジン 第二次大戦モデル A-11 アメリカ軍


ブローバ 第二次大戦モデル A-11 アメリカ軍


ウォルサム 朝鮮戦争モデル A-17 アメリカ軍


エルジン 朝鮮戦争モデル A-17 アメリカ軍


ブローバ ベトナム戦争モデル GG-W-113 アメリカ軍


ハミルトン ベトナム戦争モデル GG-W-113 アメリカ軍

こうやって見てみると、
サイズも含めデザインに幅があるなって思います。

機能第一で統一感さえあれば
割と自由なデザインなのか?

って思ってしまいます。

色々今回調べていましたら、特にA-11は
デザインのバリエーションが多いように感じました。

A-17は資料が極端に少なくサンプルとなる
モデル数が少ないので何とも言えませんが
それでも数パターンありました。

一番デザインにバラツキが少ないのが
GG-W-113でしたね。

メーカーによっても生産の時期や
ロットによっても違うのかもしれません。

竜頭なんかはもしかしたら個人的に
修理して交換とか当時の兵士がしていた
のかもしれませんね。

細かいところまで追求すると
おそらく膨大な研究対象となるのでは
ないかと思います。

軍用時計は奥が深いね。