軍用の時計, MWC時計の通販 | 軍用ミリタリーウォッチ専門店

ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

高田さん!
MWCの良さを知って頂きたい! この思いが私の原点です。 MWCの事を知って頂きたい!!そんな思いで各モデルの情報や入荷状況等、日々更新しています。
私のブログにも遊びに来てください。

店長のブログを見る→ここをクリックしてね!

販売ページの写真だけではイメージできないな〜 という方は
私のインスタグラムをご覧ください!
着用写真が世界から!!



Instagram でMWCを見る!

▼ フリーページ

スイスの時計屋さんからの情報により、

*こちらはCWCのG10やPULSAR G10を

 下記方法で治していますのでMWCにも適用可能との事です。*

下記が解決策の一つとなります。

Heavy Duty のバネ棒を用意します。
*通常よりややお値段高いですが400-600円程でネット購入できます。*

それを代用しケースとの
接合部分をシールしてしまいます。

Permatex Liquid Metal Filterを使用します。
同じものでなくても良いようですが、

精密機械の亀裂などを修復する物で、
ネットで購入可能です。

ただし、完全固定となりますのでピンを
外すことができなくなります。

NATOタイプなどの1本通しか
オープンエンドタイプのベルト、

もしくはラグサイドのベルト先端
を一旦カットし接合するなどが必要となります。

ミリタリー時計は元来固定バーが一般的でしたが
強度を保ったまま、着脱も可能とする為に
ピン式を採用しています。

バネ棒ではないのでこのピンは消耗品の認識よりも
時計本体の一部としての認識が必要との事です。

こちらの方法により、諦めていた時計を復活する事が可能です。


これは最終手段です。
ここまでの事態にならないように
ピンの着脱には十分ご注意ください。

 

また、ピンの着脱およびこのシーリングによる復活の方法も

全て自己責任となります事も

ご留意ください。